スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015/5/29トレード記録

お疲れ様です^^

honobonokです!

今日のトレードと反省点を記載していきます。

[詳細]
FTR    +13PIP 3戦2勝1敗(取り逃がし分 30PIP)
1分順行 -6PIP  2戦1勝1敗0分
1分逆張 +2PIP  1戦1勝0敗(取り逃がし分 25PIP程度)
適当売買 +4PIPその他 10戦以上エントリー最低のスキャル

[終日] 基礎ロットに対して、+9PIPの利益
     終日機会損失 -55PIP

20150529EU.png

20150529EU1分

20150529ドル円

20150529ドル円1分1

20150529ドル円1分2

[反省点]
今日の反省点は2つ

1つ目
ユーロドルの騙し下落後の戻しのFTRサインに最後まで乗れなかったこと。
理由としては他通貨(特にポンド)が大きく下落しており、揃った動きになっていなかったこと。
実際は今後も生かしていきたい下ブレイク見せ掛けの上昇で、しっかりとR1を捕らえていた。

2つ目
上記ユーロドルの上昇の後、ライン付近からさらに上昇を見込んでロング、しかし実際はさらに
下落していき、ロスカットとなった。
今回のように重い動きで綺麗なトレンドではない場合、1分順行系はあまり機能しないことが多い。

他、注目点として、今日のユーロドル最初の騙し上昇の際に売ろうか迷った。
MACDは大きめの陰転済みであり、東京高値付近で売られるのでは?と思ったら素直に売られた。
MACDとラインに注目して逆張りもいいかもしれない。
なお、ユーロドルは特に1ラインがかなり固く何度も跳ね返されている。
上でもみこんだ形でない下落は拾うのが吉かもしれない。


今日はあまり上手くトレードできていないですが(というかずっと…)
恐怖を克服してしっかり持つトレード、待つトレードを心がけていきたいと思います。

以上、来週もがんばります!




スポンサーサイト

2015/5/28トレード記録

お疲れ様です^^

honobonokです!

今日のトレードと反省点を記載していきます。

※今まで細かく記載しすぎていたため、総合のみの記載とし、
反省点を重視して記載していきます。

[詳細]
FTR    エントリー無し(適当売買にてシグナル前にエントリー、損切り)
      ルール通りなら+機会損失40PIP程度
      またシグナルを待たずに損失-10PIP
1分順行 +10PIP  2戦2勝0敗0分
1分逆張 +2PIP   3戦1勝2敗(取り逃がし分 110PIP程度)
適当売買 +-0PIPその他 10戦以上エントリー最低のスキャル

[終日] 基礎ロットに対して、+12.5PIPの利益
     終日機会損失 -150PIP

20150528EU.png

20150528EU1分

20150528ドル円

20150528ドル円1分1

20150528ドル円1分2

[反省点]
今日の反省点は4つ

1つ目
今までの経験上、15時前に高値を更新した場合は、少なくとも15時前に一旦は下がることが多い。
それにも関わらず、FTRサインを待たずにエントリーし、しかも恐怖により損切り。
結局FTRサイン後BlueBardが底値となり、見事40PIP跳ね上がる結果。
最低のトレード

2つめ
上記トレードにより適当売買をかなり大量に行う結果となった。もっとも恥ずべきトレード

3つ目
ドル円に関して、特にであるが、あきらかにOPENを割り切れず上がって、押してきたところを
掴んだにも関わらず、エントリーを即利食いしてしまった。
これによる機会損失は70PIP以上となる。


自分のトレードに自信をもつこと。
そして何よりトレードを信じること。
損切りは自分が指定したものに設定すれば絶対に怖くないことを意識すること。


4つ目
深夜ドル円がOPEN付近まで暴落。
エンベロープも越す大幅なMAとの乖離が発生したにも関わらず、
暴落が怖いと逆張りエントリーをためらってしまった。
正直長期方向と、またエンベロープを確認すれば少なくとも、スキャルとして抜ける箇所。
恐れないこと。長期方向に抗う形のエンベロープはちゃんと味方となることを意識。


以上、明日もがんばります。

2015/5/27トレード記録

お疲れ様です^^

honobonokです!

今日のトレードと反省点を記載していきます。

ユーロ
1.09040L→1.09220利確(FTR)
※1.09060~1.09002の平均建値を1.09181~1.09266まで段階決算
 また1.09160台で再度L1.09261で決済
 なお、16:00で一度下げると思い一旦利確
1.09140L→1.09128損切り(1分EMA72)
その他適当トレード+1PIP程度

1.08600S→1.08640損切り(1分逆張り)
1.09052S→1.09020利確(1分逆張り)
※ファンダ事情による乱高下恐怖により即利確
 機会損失30PIP

1.08880L→1.08901利確(1分ボリセン)
※ファンダ事情により乱高下のため、恐怖即利確

ドル円
123.540L→123.522損切り(1分ボリセン)
123.470L→123.540利食い(1分EMA72)
※明らかにダブルトップ狙える勢いにつき、機会損失20PIP以上
123.500L→123.484損切り(1分逆張り)
※明らかなダブルボトムラインだと気づかずに恐怖損切り。機会損失20PIP以上
その他適当トレード+-0

[詳細]
FTR    +20PIP 1戦1勝0敗0分
1分順行 +6PIP  3戦3勝0敗1分(取り逃がし分 20PIP程度)
1分逆張 -8PIP  3戦1勝2敗(取り逃がし分 50PIP程度)

[終日] 基礎ロットに対して、+16PIPの利益
     終日機会損失 -70PIP

20150527EU

20150527EU1分

20150527ドル円

20150527ドル円1分


[反省点]
今日の反省点は3つ

1つ目
これはユーロドルがFTR転換をさした後、転換失敗になったあとのサインで乗れなかったこと。
確かにそれまで上昇していたことから恐怖はあるが、明らかに他通貨ともにドル高(ドル円にいたっては高値更新)
になっているため、しっかり攻めるべきだった。BB氏はそこで70PIP近くをもぎとっている。

2つ目
これは今日ドル円が上値抵抗帯を超えて一段高になったあとついていけなかったこと。
この際、明らかな押し目で掴んだにも関わらず、恐怖から即利確をしている!!
トレンド発生直後はしっかり攻めれる箇所。なにも考えずMACDに従い、淡々と持ち続けること。

3つ目
適当売買が今日は5トレード以上している。
根拠の薄いトレードは絶対にしないこと。


以上、明日もがんばります^^

2015/5/26トレード記録

お疲れ様です^^

honobonokです!

今日のトレードと反省点を記載していきます。

ユーロ
1.09363S→1.09359利確(FTR)
※恐怖よりルール無視、50PIPの機会損失
1.09195S→1.09175利確(1分ボリセン)
※センターまで待てず含み損恐怖より利確
 15PIPの機会損失

1.09065S→1.09067損切(1分逆張り)
※同待てずに損切り。
 8PIPの機会損失

1.09090S→1.09070利確(1分逆張り)
※上記同様

ドル円
122.669S→122.660利確(1分逆張り)
※weeklypivotバック、恐怖より20PIPの機会損失
122.465L→122.524利確(1分ボリセン)
※ダブルトップ狙えた。13PIPの機会損失
122.540L→122.590利確(1分72EMA)
※ダブルトップ狙えた。15PIPの機会損失

[詳細]
FTR    +0.4PIP 1戦0勝0敗1分(取り逃がし分 50PIP以上)
1分順行 +13PIP 3戦3勝0敗1分(取り逃がし分 43PIP程度)
1分逆張 +2.7PIP 3戦1勝1敗1分(取り逃がし分 43PIP程度)

[終日] 基礎ロットに対して、+6.8PIPの利益
     終日機会損失 -136PIP

20150526EU

20150526EU1分

20150526ドル円

[反省点]
今日の反省点は2つ

1つ目
今日のトレードはまず最初やるかどうか迷っていた。それは日本時間にユーロドルが最大50PIP近く動いていたため。
これにより午後はエントリーを迷って、結局FTRより入ったが、考え直しやめたところ大きな動きとなった。
勝手な思い込みにより、中途半端にやめたことは最低のトレード。そもそもロット少な目でエントリーしていたのだから、そこはしっかりとやるべきところ。

2つ目
これは今日ドル円が今までのレンジ相場をブレイクする大きな動きにつらなった。
そこで押し目をエントリーしたにも関わらず勝手な解釈から、利食いを早くしてしまった。
何度も何度も言っているが、ルール無視は絶対にしないこと。利食いもしっかりと伸ばすこと!怖ければ、半分利食いでいいのだから、半分は維持でも持つこと

以上、明日もがんばります^^



  

2015/5/18~5/22までのまとめ

おつかれさまです!

honobonokです^^

今日は今週のまとめを記載していきたいと思います。

なお金曜日は重要指標の固まりであったのと予定もあったのでノートレードとしました。
ルール通りやっていれば70PIP近くのチャンスがあったんだなあと思うとなんともですが…

では今週の記録

[詳細]
FTR       +26.9PIP ( 4戦2勝2敗)  機会損失200PIP
1分順行     +109.8PIP(10戦9勝1敗) 機会損失108PIP
1分逆張     +12.6PIP (6戦2勝3敗1分) 機会損失55PIP
勘トレード    +0.7PIP  (4戦0勝2敗2分)

[結果]
総獲得PIP +150PIP
基礎ロット  +58.5PIP
総機会損失 -363PIP

[総評]
FTR
まずいけないのが、勝手な自己解釈を伴って、トレードをやめてしまっている点。
そして、怖がって攻めなかった点。
この2つ。来週以降は絶対にやらないこと。

1分順行
1分順行の中でもボリセンターライン押しの売買後の伸ばし方が問題点。
1分ボリセンターで反応するレベルは、大きな崩れ等での一瞬の戻しであることが多い。
すなわちその後もトレンドが継続すると考えると、利食いに関しては半分利食いの残りは伸ばすという
ルールをもっと徹底する
必要がある。
来週以降は気をつけること。

1分逆張
これに関してはもう恐怖との戦いである。今週の負け及び引き分けはすべて恐怖負け。
しっかり利食目標まで持っていれば全て利食えた形である。気をつけること。
そして一方で、週後半では持てるようになってきている。ここを意識すること。

勘トレード
言語道断であり、そもそも持ったあと恐怖心からほぼ建値決済という意味無しトレードとなっている。
絶対に控えること。
※特に勘トレードになりやすいのが、「下がる」「上がる」とある程度方向感を持っていて、
でも乗れなかった際に、方向感通りに上下した際にやる傾向がある(悔しトレード)

トレードチャンスはいくらでもあるので、素直に待つこと。


以上です;来週も頑張ります!

2015/5/21トレード記録

お疲れ様です^^

honobonokです!

今日のトレードと反省点を記載していきます。

1.10951S→1.10947利確(1分ボリセン)
※下値が固い感触があり、即やめ、機会損失はなし。
1.11035S→1.11023利確(1分EMA72)
※下値が固い感触があり、即やめ、機会損失8PIP程度。1.11023S→1.11036損切(FTR)
※1.10128のFTRサインを怖がって乗らず、70PIP以上の機会損失
1.11360S→1.11329利確(1分逆張り)
※恐怖感から引っ張れず、機会損失15PIP程度

[詳細]
FTR    -1.3PIP 1戦0勝1敗(取り逃がし分 70PIP以上)
1分順行 +1.2PIP 2戦1勝0敗1分(取り逃がし分 8PIP程度)
1分逆張 +3.1PIP 1戦1勝0敗(取り逃がし分 15PIP程度)

[終日] 基礎ロットに対して、+1.4PIPの利益
     終日機会損失 -85PIP
     ※今後は終日の機会損失も計算していき、どれだけ損失がでているか、
     またどうすればそれを利に変えることができるかも記載していこうと思います。

20150521EU

20150521EU1分

[反省点]
今日の反省点は2つ

1つ目
今日のトレードで最低最悪のものが1つ、それは下落トレンド反転後のFTRサインに乗らなかったこと。
これに尽きます。
この形に関しては今まで何度も何度も目撃していたもので、ここを乗れないなら今後FXをやっていけないだろう
とまで思った鉄板パターン。そもそもFTRトレンドが上昇気味になった後の落ち、そして前日安値を切り下げれず
戻ってきた形。
ここで、直近の高値を更新できなかったら!入らなくていいが、明らかにある程度の時間をかけて更新している。
これがこの鉄板パターンの味噌。今後この見逃しは絶対にやらないこと。
もちろん乗って負けることもあるだろうが、絶対に乗ること!


2つ目
それは1分逆張りトレードの1.10400を持ちきることができなかったこと。
そして一瞬1.10350までいき落ちてから350再度ついたタイミングで売ったこと。
前日の動きを見ると、1.10400で複数回とめられている。そしてR1も存在していることから、
しっかりと待ってトレードを行いたい。

最後反省点ではないが、いつものNYにロンドントレンドを切って下げたあと、
ロンドン安値箇所がレジスタンスに切り替わっている点をしっかり確認。
指値売りが可能な箇所。

以上、また明日もがんばります^^

2015/5/20トレード記録

お疲れ様です^^

honobonokです!

今日のトレードと反省点を記載していきます。

[午前]
120.883S→120.865利確 +1.8(勘 ルール違反)
1.11295S→1.11294利確 +0.1(勘 ルール違反)
1.11290S→1.11291損切 -0.1(1分ボリセン※勘に近かったため、即損切)
※利食いルール通りいけば、5PIP以上の利益。機会損失5PIP
1.11320S→1.11310損切 -1(1分72EMA)
※利食いルール通りいけば、5PIP以上の利益。機会損失5PIP
1.11410S→1.11408利確 -0.2(1分逆張り)
※利食いルール通りいけば、3PIP

[午後]
1.11394S→1.11080利確 +31.4(FTR)
※1.11374~1.11455平均値 利食は1.11127、1.11073.1.10991の3段階
 利食い半分をストップの25PIPで行い、残りをトレールするべきだった。
 機会損失30PIP

1.11120S→1.11097利確 +2.3(1分ボリセン)
1.10810S→1.10728利確 +8.2(1分72EMA※早め)
1.10900S→1.10866利確 +3.4(1分72EMA)
1.11034S→1.10920利確 +11.4(1分逆張り)
※1.11034~1.11045平均値 利食は1.10940と1.10909の2段階
1.11207S→1.11219損切 -1.2(1分逆張り)
※入るタイミングを1発目1.11200つけたときにやるべきだった。

[詳細]
FTR    +31.4PIP 1戦1勝0敗(取り逃がし分 30PIP以上)
1分順行 +13.9PIP 3戦3勝0敗
1分逆張 +10.2PIP 2戦1勝1負(取り逃がし分 10PIP程度)
勘トレード +1.9PIP 2戦0勝0負2分

[終日] 基礎ロットに対して、+32.2PIPの利益
     終日機会損失-43PIP

20150520JP

20150520EU

20150520EU1分

[反省点]
今日の反省点は3つ

1つ目
午前中のユーロ下げに乗り切れなかったこと。そもそも売り目線で見ていたが、
乗り遅れ、どん底で売ってしまった。また1分順行押し目はあったのだが、乗り遅れたという意識が、
最低のトレードを引き起こしてしまった。

仮説だが、直近オセアニアで安値をつけていない限りは、NYトレンド方向に素直に9時前から乗るだけで
とれるのではないか?と思う。
また9時にトレンドができた場合、それが重要なレジサポを更新できなかった場合は、10時以降はちょっとの戻し
は乗ってはいけないと感じた。


2つ目

午後ユーロの売りを保持できたのはいいが、ラッキーに近いところもある。
短時間で安値を割っていった点。これが長いジリジリのトレンドでも保持できるようにならなければいけない。
また、今日のトレード、ダブル00を目安に一度利食ってしまったが、チャート形状からみても、
1.10860までは間違いなく進む形であった。目先の利に目がくらんでしまったのは最低のトレード。

また、これも仮説だが、15時前に深い押し目を付けにいったところでトレンド方向に持つだけでいいのではと思う。
少なくともこれで2日連続で同じ形となっている。
FTRに素直にのるのではなく、15時前に深い押し目をつけるのを待つべき。


3つ目

ユーロがショートカバーで1.11200まで上がってきた瞬間、YLで素直に売らなかった点。上にさらに吹っ飛ぶ意識をもってしまったが、やはり素直に10PIP程度の下落があった。
ここは怖がらず素直に売ること。

[よかった点]
今日はよかった点があった。
それは1分逆張りトレード1.11035をしっかり保持して、10PIP程度抜いたこと。
エンベロープも丁度つっきり、保持できないといけない箇所だったが、いつもはチキン利食いをしていたが、
今日はしっかり持てた。これを今後もしっかりやること。

また、72EMAトレードについても、昨日につづいて、しっかり保持できている。
継続していくこと。



以上、また明日もがんばります^^

2015/5/19トレード記録

お疲れ様です^^

honobonokです!

今日のトレードと反省点を記載していきます。

1.12363S→1.12370損切 -0.7(勘 ルール違反)
1.12385S→1.12307利確 +7.8(1分ボリセン※下落大につき小ロット早めエントリー)
※利食いをルール通り行わず、期待損失50PIP以上
1.12113S→1.12060利確 +5.3(1分ボリセン)
※利食いをルール通り行わず、期待損失30PIP以上
1.11830S→1.11705利確 +12.5(1分ボリセン+72EMA?※下落大につき押し目を測ってエントリー)
※1.11812~1.11854の平均値 利食は1.11726と1.11688の2段階決済
1.11834S→1.13842損切 -0.8(勘 ルール違反)
1.11850S→1.11846利確 +0.4(勘 ルール違反)

1.12030S→1.12034損切 -0.4(1分逆張り)
※1.11996~1.12083の平均値 利食を待たず期待損失10PIP以上

[終日] 基礎ロットに対して、+14.9PIPの利益

[詳細]
FTR結果 エントリー無し
 ※機会損失120PIP

1分順行 +25.6PIP 3戦3勝0敗(取り逃がし分 100PIP以上)
1分逆張 -0.4PIP 1戦0勝1負(取り逃がし分 10PIP程度)
勘トレード -1.1PIP 3戦0勝2負1分

総機会損失200PIP以上

20150519EU

20150519EU1分1

[反省点]
今日の反省点は3つ

1つ目

FTRサインは順行で、またMACDも0ライン以下にいる状態でのサインに対して素直に乗らなかった。
理由としては東京時間にも抑えられているweeklypivotがあったため。
個人的に、このラインを割ってからエントリーでいいかと思っていたのだが、
押し目なく、暴落。
FTRの流れ、MACD、と意識すれば、Weeklypivotを割る可能性の方が高い
(もし割らなくても損切りラインまでは距離がないため、期待値>損切値となる)
深めの押し、今回であればBluebardタッチを意識して低ロットでも乗るべきだった。

2つ目

暴落ともいえるスピードから、1分順行トレードの利食いをかなり恐れてチキン利食いしてしまった。
正直暴落であれば、押し目を拾えたらしばらく放置するべきなのは過去のトレードからもわかること。
今回これにより、大幅な機会損失を出してしまった。
1分ボリンジャーの底が詰まるような形になるまでは、放置すること。

3つ目

トレード記録にも赤塗りしているが、
勘トレードを複数回してしまっていること。
暴落→落ちるだろうという勘トレード、そしてなにより勘だからこそ、含み損になった瞬間恐怖に襲われ、
即損切りという最低の意味無しトレードをしてしまっている。
根拠がないから、恐怖が普通よりも高く、利食いもできないのが勘トレード。
今後は絶対にやらないこと!


以上、また明日もがんばります^^

2015/5/18トレード記録

おつかれさまです^^
honobonokです!

今日のトレード記録と反省点、また今後に生かす点を記載していきます。

今日のトレードは以下。

1.14336L→1.14080損切 -25.6(FTR)
1.13915S→1.13748利確 +14.8(1分ボリセン+FTR)
(1.13900~1.13972までの平均値)
1.14068S→1.14067利確 +0.1(1分逆張)
1.14167S→1.14172損切 -0.5(1分逆張)
1.13572S→1.13440利確 +13.2(1分72EMA)

[終日] 基礎ロットに対して、+10PIPの利益

手法ごとロット数を変更しているのですが、
FTR≧1分順行手法>1分逆張手法という感じです。

[詳細]
FTR結果 -3.2PIP(内訳 1.14336のトレード-25.6PIPと1.13972のトレード+22.4PIP) 2戦1勝1敗
1分順行 +28.4PIP(内訳 1.13900のトレードと1分72EMA手法) 2戦2勝0敗
1分逆張 -0.4PIP 2戦0勝1負1分(取り逃がし分 1分逆張手法にて20PIP程度)
 ※自分が我慢できずに手放して結果機会損益となった分も集計して、今後に生かしていきたいと思います。


20150518EU

20150518EU1分1

20150518EU1分2

[反省点]
今日の第一の反省点は、2つ。

1つ目

最初-を叩いたFTRトレードの目線の取り方。
ドル円は上目線に対して、ユーロ以外のドルスト通貨は明らかな下落目、またユーロ単体も日本時間から
若干のジリ下がり。ドルそのものが強いことを示している。

目線


この状態で、ユーロをもし買える条件が揃うには、日本時間高値を明確に上抜けて
ジリ上がりの展開になった場合のみとなる。

今後はトレード前に各種通貨の相関性をしっかり意識すること。

2つ目

1分逆張りトレードにおいて、恐怖心に駆られて建値決済等で損切を連発したこと。
以前からも1分逆張りトレードはチキン利食いをしてきたが、解消されていない。
機会損失についても明確に記録に残すことによって、「正しい」という意識と「自信」ができるようにしたい。


以上、また明日もがんばります^^





FXルールについて

ここには自身の手法を記載します。

●5分足デイトレードについて

 ☆相場環境の確認
 1 相場の流れは、
   7:00~10:00 10:00~15:00 15:00~21:00 21:00~25:00で転換が起きる可能性を考慮する。
 2 トレンドの確認はFTRラインで行う。
 3 各時間毎で、1時間足クラスの目標値に達しているかどうかを確認

 ☆FTRルール(メインルール)
 1 FTR順行の場合、直近高安値を超えた段階で、
  相場の勢いに応じてFTRサイン、または直近のレジサポラインまでの押しを待ってエントリー
 2 FTR転換の場合、FTR赤線へ割り込んでいった時点で、
  直近のレジサポライン、またはBluebardラインまで深い押しを待ってエントリー
 3 利食い、損切りについては、必ず1:1以上に設定すること。
 4 利食い目処は
   a Weeklypivot>1時間レベルの目標値>当日のpivot
   b 上記ライン付近に当日のpivotがあればそれを目標とする
 5 損切りの目処
   a 直近のレジサポラインを目処に、pivotを意識して設定する。
   ※直近のpivotまたはレジサポラインを超えていったごとに、ストップを建値→pivot値と調整していく。

 ☆ESSルール(サブルール※状況に応じて使用不使用判断) 
 1 上記転換時間帯において、遅行スパンの陽陰転と伴ってESSが色変化した場合、
  ESSの色変化した足の根元、またはFTRサインを待ってエントリー
   ※押しがないまま利食い目標程度まで達した場合は見送り
 2 利食と損切りは、直近の高安値に対して1対1で設定する。

5分足ルール


●1分足デイトレードについて
 
 ☆トレンド押し目ルール(メインルール)
 1 欧州時間帯以降限定、明らかに明確なトレンドが発生した場合、
  トレンド初期は1分足ボリンジャーバンドセンターラインでエントリー
 2 利食いは直近高安値で半分利食い、残りはトレール。損切りは、直近高安値と同値程度
 3 トレンド中期は、1分足72EMAライン付近でエントリー
 4 利食いは直近高安値で利食い、残りはトレール。損切りは、直近高安値と半値程度
   ※4に関しては、直近高値の半値程度までいったら半分利食いや建値ストップ移動も状況に応じて行う。

 ☆レジサポ逆張りルール(サブルール※状況に応じて使用不使用判断)
 1 FTRが順行方向の場合において、かなりの底値から、重要なレジサポライン(YL、HL等)に、
  押し目なく上昇した場合、ストップを巻き上げた形の吹き上げから逆張りエントリー
 2 利食いは1分足ボリンジャーバンドセンターライン、損切りは同センターラインまでの1/2程度
 3 FTR順行方向から、あまり揉み合い無しで5分21SMAのエンベロープタッチがあればなおよし(5/19追記箇所)

1分足ルール1

1分足ルール2



さらに自信を持って行えるトレード、またはより確立できるものがあれば随時更新していきたいと思います^^
プロフィール

Author:honobonok
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。